緑一色カワサキブースはニューモデルが盛り沢山。


Ninja1000

スタイリッシュになったリッター忍者。
シュッとした顔がとてもカッコいいです。
性能も向上してるみたいですが、高性能化する代わりに値段も上げるよっていう風潮がある中で何と値下げ!
前モデルまではブライトによる逆輸入扱いだったのが国内正規取り扱いに変わった影響でしょうけど少々値上げしても文句言われなさそうな出来なのに値下げとは漢だぜカワサキ。


DSC_2308

DSC_2647_00028

DSC_2321_00035

P3240041

DSC_2315

DSC_2324

純正パニアケース装着車も展示。
一体感あって良いですね。

P3240049



Ninja650

ニンジャ兄弟次男の650
これも前モデルまでは逆輸入車だったので扱いやすいクラスで人気でそうなのにマニアックな車種でしたが、今回から国内正規扱いということで人気でそうです。
重量が190kgちょいと軽いのが魅力的ですし値段もお手頃なのが予想されます。
このクラスのフルカウルツアラーはいまいち人気のないCBR650Fだけなので独壇場になりそう。
ヤマハもMT-07トレーサー出そうぜ。

DSC_2310_00033

DSC_2316

DSC_2657

DSC_2314

DSC_2313


Z650

Ninja650と共通フレーム・エンジンのこちらは旧ER-6nの後継モデルに当たるのでしょうか。
グリーンのフレームが特徴的で、こちらも大型にしては軽量。
MT-07のライバルですね。

DSC_2306

P3240040


Versys-X 250

250にも注目モデルが。250ccのアドベンチャー。
中々のサイズ感で結構良いです。
ツアラーモデルはエンジンガードやパニアケース等のオプション品が標準装備。
別々で買ったら10万程するパーツがノーマルと差額5万ちょいで付いてくるお得モデルです。
ホンダもCRF250ベースで本格派アドベンチャーモデルを出してましたが、別にオフ走らないよって方はこっちの方が断然使い勝手良さそう。
183kg33psってのが走りがどうなのか気になりますね~

DSC_2339

DSC_2332

DSC_2337_00041

DSC_2334

パニアケースはプラスチックなのでコケたらアウトっぽい。

DSC_2343


こちはら追加装備なしのノーマルモデル。

DSC_2329

DSC_2340

DSC_2342



その他で括っちゃうけど、今やアイコンのH2

P3240053

別ブースでH2をツアラーに出来るキャリアパーツがありました。

P3240014

P3240012

割と自然にまとめられてるし、積載ゼロのH2でも長距離ツーリング出来ますよと。
付ける人いるのかな。